4月にやった作業をざっくり振り返る

4月は公私とも何かとバタバタで、なかなかブログの更新が難しいですね。今回はまとめて今月の棚の様子を備忘録として書いておきたいと思います。

長寿梅の芽摘み

長寿梅
長寿梅

以前苔を張ったこの長寿梅、結局気に入らずにまた別の苔に張り替えてます。結構たくさんの新芽があっという間に伸びていたので、4/20頃に芽摘みを行いました。伸びた新芽をある程度短く切り詰めてます。思ったより新芽の数が多かったので嬉しい。来月以降、こちらの記事を参考にしながら、葉刈りを行いたいと思います。

松柏類は順調(赤松を除く)

シンパク
シンパクが一番育てやすい気がする

松柏類は黒松・赤松・真柏を複数持ってますが、先日の危機的赤松以外はそこそこ順調に育ってます。基本的には植え替えやったり肥料置いたり、黒松はミドリ摘みを昨日行ったりな感じです。

去年の処置を間違えて可哀想な感じだったけどなんとか復活

植え替え後イマイチシリーズ

続いて、植え替え後どうも様子がおかしい方々です。まずは楓。

楓
芽出しのバラツキがすごい。

3月に植え替えしたものですが、後ろ半分はもさもさ葉が出て、前半分はハゲ、みたいな状態です。おそらく原因は植え替え時に切った根が悪かったのか、切りすぎたのか、といったところかなぁと。これも勉強ですね。とはいえ、生命力は強い方なので、この樹についてはあんまり心配してないです。

続いて紫式部。芽出しの頃に植え替えや針金掛けをしたのですが、多分、これ完全に間違いです。

紫式部
下枝が…

針金掛けが原因か、植え替えが遅かったせいなのか、切ってはいけない根を切ってしまったのか、不明ではありますが、下枝の新芽が全て枯れ込んでしまいました…ショック大きい。ですが、奇跡的に脇芽が…!これを大事に育てることにします。

紫式部
よく見ると脇芽が!!

なかなか紫式部の育て方についての情報を見つけられなかったのですが、先日見つけたこちらの本に少し情報が載っていたので、即購入。これによると針金掛けは6月となっています。

まだ不明なところも多いですが、トライ&エラーで探り探り育てるのも結構楽しいです。今回の失敗?のおかげで、植え替え時の根の扱いをより丁寧にすべきだと反省しました。

そして消毒

まずは3月末に使ったのがオルトランのスプレータイプ。

結構使いやすいのですが、かなり霧状なので、風が無い日に使うことをお勧めします。ちょっとだけ公衆トイレの匂いがします。

そして、花が終わった桜の新芽に何やら超小さいカタツムリの殻?みたいな怪しい感じのプツプツが多数あり、一昨日マラソン乳剤を散布しておきました。オルトラン、マラソン乳剤と殺虫系が続いたので、次は殺菌系で梅雨に備えていきたいと思います。

来週はいよいよ世界盆栽大会

他にもなんやかんややった気はしますが、4月の作業まとめでした。そして来週はいよいよ世界盆栽大会!さいたまスーパーアリーナがどうなってるかも気になりますし、日暮しや平尾さんのパフォーマンスも要チェック。結局3日間全部参加してしまうんじゃないか…お財布危険なんじゃないか…楽しみですね。

それでは、会場で。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA