赤松を植え替えたら想像以上に事態が深刻だった件

4月に入ったので、赤松の植え替えを行いました。

赤松
赤松の文人木

確か一年くらい前に、JAふかや用土センターにて1500円で購入しました。

購入時から水の通りが悪く、新芽の動き出しや成長も他に比べてやけに遅いです。植え替えできるコンディションかどうかも心配なところ。兎にも角にも鉢から引っこ抜いてみたところ…

赤松
ん…?

まず白い根は大体雑草の根です。そして黒っぽいのが赤松の根。黒い…。白い共生菌もまばらで、この時点で既にあまり良い状態ではない感じがします。慎重に雑草の根を除去しながら土を落としていくと…

赤松
え…?

なんとほとんど根が残らない事態に…。

赤松
根っこ少ねぇぇぇぇぇぇ!!!!!!
赤松
根を切り詰めるとかっていうレベルじゃない…

これは…。正直こんなに根のない盆栽に会ったのは初めてです。これは困った。根の剪定や鉢合わせどころではないので、至急ひとまわり大きい駄温鉢に植え替えました。

赤松
根の成長を促したいときはゴロ土多めが良いそうです

うまく生き残れるかどうか。植え替えから二週間が一つの目安になるので、慎重に見守りたいと思います。

赤松
針金やめといてよかった

と、今改めて写真を眺めてたら、葉の量がそもそも少ないので、そんなにたくさんの根が必要というわけでもないかも?

どちらにしてもあまりいい状態でないのは確か。もっと頭を畳み込んだり色々弄りたかったのですが、今年一年はまず樹勢回復が最優先ですね。とても心臓に悪い植え替えでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA