石付き楓の植え替え

数日ぶりに暖かい日差しが入ったので、この春の植え替えで最も難易度が高そうな、石付き(石抱きの方)楓の植え替えを行いました。この楓は2016年5月にJAふかや用土農産物直売所センターで購入したものです。

石付き楓
購入直後の姿。葉刈り前でボッサボサ。鉢の横幅が30cm程度。

石と木が剥がれている問題

年末年始の帰郷で成勝園に預けた際に、平尾さんから「石と木が剥がれちゃってるから、一度深めの鉢に植えるなり、ぐるっとビニール巻いて土入れるなりして、もう一回食いつかせたほうが良い」というアドバイスを頂き、今回植え替えついでにそれもやってしまおうと思います。

石と木の間に隙間が…写真を遡ると購入時から密着出来てなかったっぽい。
石付き楓
こちらも剥がれてます。綺麗に癒着してくれると嬉しい。

とはいえ、このサイズでしかも石付きの植え替え、初体験でございます。粗相のないよう、慎重に土を掻きながら、ひとまず石ごと鉢から外してみました。

石付き楓
どーん。すでに1/3ほど根は切ってあります。
石付き楓
少し丁寧に根をほじくりつつ切っていきます。

思いのほか綺麗に外れたので、通常の植え替えと同様に長い根や太根を切り詰めました。ただ、既にそこそこ芽が動き出していたため、なんとなく危険な気がして、気持ち多めに根を残しておきました。

石付き楓
植え替え完了。

その後、石ごと針金で固定するのにえらく苦戦しましたが、なんとか植え替え終了。

続いて、石と木を密着させるため、ぐるりとビニールを巻いて、土やら水苔やらを中に入れていきます。多分、密着させつつ新しい根を出させて石に噛みつかせるのが狙いだと思います。多分。

石付き楓
こんな感じでぐるり。
石付き楓
作業完了。

針金で出来るだけきつく固定して、作業完了。これで良いのだろうか…。まあしばらく様子見で駄目そうだったら、成勝園に駆け込もうと思います。

 


 

おまけ

作業中にそこそこ使えそうな根がいくつか手に入りまして、ついでに根伏せしておきました。楓って根伏せでいけるんでしょうか?長寿梅とかボケはよく見るような。

根伏せ
細根を捌いて2時間ほど水につけておいたもの。
植えて水苔の刑

うまくいけば儲けもの、ということで。

5 Comments

  • K より:

    はじめまして。Kと申します。Twitterからやってまいりました。さすがプロの方のサイトは一味違います!こんな洒落てる盆栽ブログ、はじめて見ました(*´∀`*) ちょくちょく拝見させて頂こうと思います。更新、楽しみにしております!

    • shuarak より:

      Kさん、こんにちは!いつもブログ拝見させてもらってます。お褒めいただき有難うございます。肝心の盆栽の方がアレなので、せめてブログの見た目だけでも整えておこうかと…笑。私の勘違いかもしれませんが、もしかして以前赤坂で働いてましたか?F-onさん的なところで。勘違いでしたらごめんなさい。

      • K より:

        その通りでごさいます(^_^;)
        あら、まさか僕のことを知ってる方だったとわ!
        僕、御社で盆栽やってる方、お一人しか知らないです。。。

        • shuarak より:

          あ、やはり。そのお一人ってWさんですよね。私は赤坂の時はまだ盆栽やっておらず、当時ロン毛ヒゲメガネだったA木です。喫煙所でよくご一緒してたかと。改めまして(?)よろしくお願いしますー!

          • 匿名 より:

            お疲れ様です!そしてご無沙汰しております(^_^;)
            よく僕って分かりましたね!
            僕も赤坂の時は盆栽やってなかったです。
            いやいや、懐かしいです( ´ ▽ ` )
            こちらこそ、よろしくお願いしまーす!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA